クレジットカードの審査が甘いクレジットカードの特徴

クレジットカードの審査が甘いと判断できるポイントがいくつかあります。クレジットカードの審査はそれまでクレジットカード会社が積み重ねたデータ量が大きいほど、精度の高い審査をすることができます。精度が高いということはそれだけ審査基準が厳しくなる傾向にあります。そのため古くから続いているクレジットカード会社ほど審査が厳しく、社歴の短いクレジットカード会社ほど審査が甘いという推測も成り立ちます。銀行系クレジットカード会社の審査が厳しいのはこうした背景もあるかもしれません。

また、クレジットカード会社がターゲットしているカード会員層にも関連があります。主婦や若年層をターゲットとしていれば必然的に審査が甘いという判断もできます。同じクレジットカード会社が発行していても、カードの種類によっては審査が甘いクレジットカードも存在するということです。

クレジットカードのホームページで審査の甘さが判断できる材料があります。それはカード利用枠です。最低のカード利用枠が10万円となっている場合、最低30万円のカード利用枠の場合よりも確実に審査が甘いと判断できます。審査基準の厳しさはクレジットカードの利用枠に比例するのです。