クレジットカードのブラックって何

クレジットカードのブラックという言葉を聞いたことがあるでしょうか?ブラックカードのことではなく支払いを延滞している、または延滞したことがあってブラックリストに載っているという意味のブラックです。ブラックという言葉はクレジットカード会社はもちろん、消費者金融会社でさえ使っていません。世間一般で使われているにすぎません。

ブラックでも作れるクレジットカードといった表現で使われることがありますが、ブラックの意味が支払い遅延者であればクレジットカードが発行されることはないでしょう。ブラックが過去も含むのであれば、ブラックでも作れるクレジットカードはたくさんあります。クレジットカード会社の審査では個人信用情報機関の情報をチェックしています。3か月以上遅れるとネガ情報に登録されますが、このネガ情報をブラックと表現していることが多いのです。

ネガ情報は5年間は消えませんがそれ以上経過するとブラックが真っ白になります。つまりブラックではなくなるということです。この状態でもクレジットカード会社の審査が通らないこともあります。まったく実績がない場合でも却下することがあるからです。ブラックでも作れるクレジットカードというのは実績がなくても作れるクレジットカードということになります。