クレジットカードのブラックはどうやって調べる?

ブラックがネガ情報という意味であればクレジットカード会社はブラックを個人信用情報機関で調査することができます。また、自社でも利用実績のデータがあるので、社内情報のネガ情報が存在しています。つまり過去にそのクレジットカード会社を利用して遅れたことがある人の情報は、そのクレジットカード会社内だけの独自の情報として保存されているのです。

この場合そのクレジットカード会社にはブラックでも作れるクレジットカードは存在しません。個人信用情報機関の情報は5年しか保存されませんが、自社データは10年以上は保存されていて、クレジットカード会社によっては半永久的に保存されている場合もあるようです。一度支払い遅延したクレジットカード会社に、時間がたったからと言ってまた申込しても審査は通らないと思ったほうがいいでしょう。

個人信用情報機関の情報もすべて5年保存というわけではありません。自己破産の情報などは10年保存されています。自己破産者もブラックと表現していいので、自己破産者の場合はブラックでも作れるクレジットカードは、10年以上存在しないということになります。ブラックでも作れるクレジットカードを探すよりデビットカードを利用したほうが早いでしょう。